脚やせにはストレッチ

ダイエットをしてもなかなか細くならない脚。
そもそも女性は特に子宮を守るため、下半身は脂肪がつきやすく、痩せにくい体質となっていますが、細くしようとしているのにどんどん太くなってしまうという場合、それはダイエット方法がまちがっているのかもしれません。
間違った方法でダイエットを続けると、脚を細くしたいと思っていても、逆に太くなってしまうことがあります。
そこで、脚やせしたいときに気を付けることを紹介します。

まず、脚が太くなる原因として、血行が悪いことで老廃物がたまり、むくんでいること、過剰な運動による筋肉太り、骨盤のゆがみなどが考えられます。

脚を細くするために運動や筋トレをすることは大切です。
もともと足には大きい筋肉が多くついていいるので、脂肪が筋肉に変われば脂肪を燃焼しやすくなり、代謝があがり血行がよくなります。
すると老廃物がたまりにくい体になり、むくみがとれ、ダイエットに効果的です。
しかし、あまり急激に過剰に筋肉をつけると、大きい筋肉が多い足は、筋肉がそのまま太さの原因になることがありますので注意が必要です。
脚を細くするには、過剰な運動や筋トレではなくストレッチやヨガなど、ゆっくりした動きで筋肉をのばす運動が効果的です。
この方法なら、脂肪も燃焼でき、凝り固まった筋肉も解きほぐされますので、脂肪と筋肉の太り両方に効果的です。
ストレッチする際も無理のない範囲で行うことが大切で、きつい運動をする必要がないので続けやすいです。



■推奨サイト
脚やせ専門エステ「リフィート」の技術が学べるスクールです →→→ リフィート エステ

Copyright © 2014 脚やせしたいときに気をつけること All Rights Reserved.